本文へスキップ

20代のお肌は
タイムリミット

オンリーワンの味。乾燥肌に注意!20代からのお肌ケアのキホン

20代になったら基礎化粧品の切り替え

20代になったら、ただ化粧をするだけでなく、お化粧の基礎になる、基礎化粧品からしっかり選んでいきましょう。
間違った基礎化粧品をつかっていると、すぐにお肌が乾燥してしまうことになります。

基礎化粧品の選び方について


20代になると、10代のころと比べて、お肌が乾燥しやすくなります。
透き通った肌が失われていくので、私もそれを隠すためにファンデーションを厚く塗りすぎることがあります。

ファンデーションを厚めに塗る機会が多いなら、基礎化粧品は保湿できるものにしましょう。
簡単に行ってしまえば、下地に保湿成分が含まれる、BBクリームの様なものを使って欲しいです。

基礎化粧品がしっかりと保湿できるものであれば、肌にバリアを張ることができます。
その上から化粧をすることで、毛穴に化粧品の汚れが詰りにくくなります。

下地を使わずに、ファンデーションだけを塗る人もいます。
ただ、ファンデーションだけだと、粉が皮脂を吸い取ってしまい、乾燥肌を余計に悪化させてしまうことがあります。
うるおい成分をもファンデーションが吸ってしまうことが内容に、しっかりと下地でバリアしておきたいですね。

また、できるだけ化粧品は油が少ないパウダーファンデーションなどを選んでください。
油が多いリキッドファンデーションは、皮脂と良く似ているので、大人ニキビのもとになってしまいます。
キメの細かいパウダーファンデーションなら、薄く塗ってもくすみをしっかり隠すことができます。