本文へスキップ

20代のお肌は
タイムリミット

オンリーワンの味。乾燥肌に注意!20代からのお肌ケアのキホン

乾燥肌には予防と対策が必要


乾燥肌から肌を守るために、私たちが考えていかなければならないことはなんでしょうか。
乾燥肌を予防する時、対策する時に考えていった方が良いことを紹介します。

乾燥肌を予防する、対策する時の注意点


乾燥肌を予防、対策するなら、セラミドを肌に補給してあげれば良いです。
セラミドが含まれている化粧品はたくさんありますが、本当に補給できているかどうかはわかりません。
私も、化粧品を使ってセラミドを補給しても、いまいち効果が分からない時期がありました。

化粧品を使ってセラミドを補給することは、決して間違ったことではありません。
ただ、化粧品だと、どうしても一時的なセラミド補給にしかならないのです。

ファンデーションは肌を白くできますが、シミの根本的な解決になりません。
それと同じように、セラミドが含まれる化粧水を塗っても、
本来人間の体の中にあるセラミドを増やすことはできないのです。

表面にペンキを塗っても、ポロポロはがれてしまえば、もとのボロッちい壁に戻ってしまうでしょ?
セラミドを補給する為に化粧品を使うのは、ほんの少しの気休めにしかならないのです。


セラミドを補給する為にどうすれば良いのか


お肌からツヤ、ハリがなくなり始めるのは、20代からと言われています。
30代になると、すっかりツヤ、ハリが失われてしまう、つまりピークがくるわけです。
40代でも肌がキレイな人がいますが、いずれにせよ、いつかはピークはおとずれるのです。

失われたセラミドを回復させるのは難しいですが、キープしておくことは簡単です。
50代、60代でもキレイをキープさせたいと思うのなら、20代の内にケアをしておくことが必要です。

「予防、対策」の意味を考えると、「前もって仕込んでおく」ということが大切なのです。
お肌の場合、1日や2日で予防することはできないので、20代の内にやっておけということです。

セラミドがすっかり不足してしまった後に化粧品をつけても、一時的な解決にしかなりません。
ですが、20代から30代に向けてケアしてあげると、セラミドが不足してしまうのを遅らせることができます。

20代から30代までキープできたら、40代までケアを続ける、これを繰り返していけば良いのです。
「治す」というよりは「遅らせる」ということを考えてケアしていけば、
お肌が老化することはすくなくなります。


「セラミドは補給するものではなく、守っていくものだ」
少なくとも私はこの様な考え方で、日々のケアを続けています。

シミ・シワが増えた後ではケアが大変、なら作らなければ良いのです!
作った後に消すよりも、作らないケアをしていく方が簡単ですし、悩むことも少なくなります。

いざできてしまうと、ストレスでもっと老化を早めてしまうかもしれません。
私の場合、「まだ若いのにシミができてしまった…」ショックを受けないためにケアしているが正しいでしょうか。
若いからって手を抜かないことが、美容に大切なことなのではないでしょうか。