本文へスキップ

20代のお肌は
タイムリミット

オンリーワンの味。乾燥肌に注意!20代からのお肌ケアのキホン

乾燥肌はすべての肌トラブルの原因になる


乾燥肌になってから、たくさんの肌トラブルが連鎖的に起こってしまっていませんか?
私も、乾燥肌になってしまった時、肌の崩れが気になりました。

乾燥肌は全ての肌トラブルの原因になることを知っておきましょう。

乾燥肌が引き起こす肌トラブルについて


私が乾燥肌に悩んでいた時、肌トラブルで最も大きかったのがニキビです。
ニキビと言えば、思春期だけに出るものだと思っていませんか?
私も含めて、大人ニキビに悩む人が結構多いです。

大人ニキビの大きな原因は乾燥肌です。
思春期と違って、大人ニキビはホルモンバランスの崩れで起こることは少ないです。
生理の時にアゴに少し出ることはありますが、生理が終わればアゴのニキビはすぐに消えます。

ですが、生理が終わってもニキビが続くなら、乾燥で大人ニキビができてしまっているということです。
大人ニキビの原因は、皮脂が毛穴に詰ることが原因です。

乾燥肌なら、皮脂はでないんじゃないの?と思うかもしれません。
実は、乾燥肌の人こそ、皮脂がたくさん出てしまっているということを理解してください。

肌にうるおいがある状態なら、乾燥肌を防ぐことができます。
肌にうるおいがなくなると、肌は乾燥してしまいます。

乾燥肌を放ってはおけないと、毛穴が乾燥を防ぐために皮脂を頻繁に出し始めます。
頬やアゴが乾燥していても、おでこや鼻筋はテカテカしてしまうことがありませんか?
おでこや鼻筋は特に毛穴が多く、皮脂腺が活発になりやすいので、皮脂が目立って見えるのです。

乾燥肌を放っておくと、他の部分も積極的に皮脂を出すようになります。
そのまま皮脂を放っておいてしまうと、大人ニキビができてしまうのです。

私もそうですが、女性の方は特に、皮脂を放っておいてしまう可能性がたかいです。
お化粧を崩したくないから、なかなか顔の皮脂をとるのが難しくなってしまっているのです。

油取り紙で皮脂を取ろうとする人が結構いると思います。
油取り紙では、今度は皮脂を取り過ぎてしまって、乾燥肌がなおさら進んでしまうことになります。

乾燥肌になってしまった時点で、既に悪循環が始まっています。
大人ニキビが気になった時は、まず乾燥肌を疑ってください。

大人ニキビを早く改善したいなら、ビタミンCが含まれる化粧水を使いましょう。
ビタミンCは肌のターンオーバーを促進させますので、ニキビが比較的早く治まります。


乾燥肌は大人ニキビ以外のトラブルも起こす


乾燥肌は、肌にうるおいバリアがなくなってしまった状態のことを指しています。
乾燥肌になると、とにかく刺激に弱くなるので、肌トラブルが起こりやすくなります。

例えば、あつい夏に照りつける太陽、太陽の光には紫外線が含まれています。
紫外線はお肌を酸化させる活性酸素と、黒ずみを生むメラニンが含まれています。
その刺激が、直接肌の奥まで侵入したらどうなるか…もう気付いていますよね?

乾燥肌は、しわやシミの原因にまでもなってしまう危険な状態です。
一刻も早く保湿を行って、乾燥肌を解決しなければ、しわとシミが一気に広がります。

しわとシミは若いころからの蓄積で、30代、40代になって出てくるものです。
20代の内に対策をしておけば、歳をとった時に困らないで済むのです。

トップページでも詳しく書きましたが、「20代から乾燥肌対策をしっかりしておく」という言葉の意味の裏には、
「歳を取った時のことを考えて」という警告が混じっているのです。
私は将来の自分のために、乾燥肌だけは絶対に避けなければいけないと思っています。