本文へスキップ

20代のお肌は
タイムリミット

20代からお肌ケアを始める理由

20代になって、私は色々なことに気づくようになりました。
思ったよりお酒がおいしかったこと、OLの仕事が大変なこと、大人になると色々な発見があります。

もう一つ気になったことが、お肌がとっても乾燥しやすくなったこと。
もしかして、20代がお肌のタイムリミットなんじゃないかなって気づいたのです。

20代からお肌ケアを徹底しなければならない理由について


大学を卒業して働き始めると、とにかく今までにないストレスを感じるようになりました。
すると、乾燥肌やニキビが目立つようになってきたのです。

もともと乾燥しやすい肌ではなかったのですが、20代になってから妙に乾燥するようになりました。
「これもストレスのせい?」なんて思っていましたが、どうやらそれだけではなかったようです。

生まれつき乾燥肌ではない人が、20代から乾燥肌になったというのには大きな理由があります。
20歳を超えると、人間はだんだんと傷んできてしまうのです。

高校生の時は、何もしなくてもタマゴの様な肌をキープすることができました。
しかし、20代をすぎると、少しずつお肌は老化していってしまうのです。
少しでもお肌を老化させないために、20代から本格的なお肌ケアを始めなければいけないのです。

20代を過ぎてから、化粧水や化粧品のノリが悪くなったと思いませんか?
実は、お肌の角質層がだんだん傷んできてしまっているために、
化粧水と化粧品がお肌に合わなくなってきてしまっているのです。

10代の時のケアが大事だったのですが、10代は何もしなくても肌がキレイな時期です。
そのため、お肌ケアは怠りがちになって、20代の肌の状態を悪くしてしまったのです。

このまま放っておくと、30代の肌がキケンです。
キホン的にお肌のケアは、前もって行っておかなければならないので、20代の内に30代に備えておきましょう。

「これ以上老化させたくない」「20代らしい肌にしたい」と思うなら、徹底ケアが必要です。
アンチエイジングのカギになるのは、とにかく肌を乾燥させないこと。
しっかり保湿を行って肌にバリアを張っておくことができれば、困ってしまうほど老化は進みません。

20代から老化する振れ幅が大きくなるので、20代がお肌のリミットと考えてください。
私も「今からでも遅くない」と思って、徹底ケアを始めています。

乾燥肌の原因はセラミド不足


20代から肌が乾燥しやすくなってしまうのは、セラミドが不足してしまっているからです。
お肌のハリ、ツヤをキープするためのセラミドは、年齢と共に少なくなってしまいます。

セラミドが少なくなると、角質層がボロボロに傷んできます。
角質層がボロボロになると、皮膚がポロポロ落ちる感じがする、これがいわゆる乾燥肌なのです。

セラミドには乾燥を防ぐ保湿機能があります。
この保湿機能のおかげで、乾燥肌が原因となる大人ニキビを防いでくれます。

また、セラミドにはバリア機能がありますから、ニキビの原因となる菌の侵入を防ぐという大きな役割を果たします。
角質層がボロボロになった肌にセラミドを補給することは非常に重要なのです。

洗顔や化粧水の保湿だけでは乾燥肌が改善しない、常に吹き出物で悩まされている…
こういった症状があるときは、すでに角質層の機能に問題があるかもしれません。

吹き出物は、若いときのニキビのようにすぐに治れば良いのですが、乾燥しきった肌の場合、
なかなか改善しません。
ですから、吹き出物の正しい治療方法を考えたときにも、乾燥肌にならないように、
肌のケアをすることが非常に重要です。

ただ、吹き出物ができてしまってからでは、セラミドを補給しようとしても、
すぐには効果が見られないでしょう。
やはり、常日頃から、乾燥肌にならないように、しっかりとした乾燥肌対策を行っていかなければなりません。

いかにお肌のセラミドを守っていけるかが乾燥肌対策をしていく上で重要になります。
化粧水をただたくさん塗っても、セラミドは回復しません。

乾燥肌を防ぐために、セラミドを肌に補給する為にはどうしたら良いでしょうか。
私と同じ20代の女性、もう諦めてしまった30代の女性、まだ遅くはありません!

一緒に少しでもキレイを守っていくために、乾燥肌の防ぎ方を考えていきましょう。